全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権北信越大会決勝戦(2014/6/7)

全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権北信越大会決勝戦結果

FCシュロス松本vivo

U-15選手権

アルビレックス新潟
前半
後半

大会名 :第19回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権北信越大会

日 時 :平成26年6月7日(土)13:00 kickoff

会 場 :北陸大学フットボールパーク

対戦相手:アルビレックス新潟レディースU-15


【監督コメント】

残念ながら北信越優勝はかないませんでした。しかしながら充分に次への可能性を見せてくれたゲームでした。

個人個人の頑張りはもとより、選手同士の会話等、チームとしてのまとまりを充分に感じさせてくれました。

 

このゲームが始まりです。全国大会に向けて1ヶ月半、スポンサーの方々やサポーターの皆様のご期待に応えるよう、また、少しずつですが欲が深くなっていく選手達のためにも、更なる高見を目指して準備したいと思います。

 

引き続きご支援と応援を、よろしくお願い致します。

vivo監督 近藤孝徳


【キャプテンコメント】

初めて全国大会への切符を勝ち取ることができました。辛い事や苦しい試合もあったけれど、チームワークの良さよ『全国』への思いが相手チームより強かったから勝てたのだと思います。

 

全国大会では、このメンバーで1分1秒でも長くいられるように、全員で攻め全員で守り、この仲間達と勝ちたいです。

 

応援ありがとうございました。全国大会もよろしくお願いします!

vivoキャプテン 橋倉千詠


残念ながら決勝戦で勝利できず北信越2位という結果で大会を終えました。

個人スキル、チームとしての総合力、全てが格上の相手に対し選手達は、

『ひとりはみんなのために。みんなはひとりのために。』

を合言葉に果敢に最後まで諦めることなく挑み続けました。

 

この結果を真摯に受け止め、分析し、1ヶ月半後の全国大会に向けて全力で進んで参ります。

引き続き、ご支援・ご声援頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 

Sky is the Limit.