全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会(2014/7/26)

全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会結果

FCシュロス松本vivo

U-15選手権全国

クラブフィールズ・リンダ
1 前半 2 5
1 後半 3
原田 得点者  

7月26日に行われました、全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会の結果は以下のとおりです。

 

■開催日時:2014/7/26 11:00 Kickoff

■会場  :J-GREEN 堺(大阪)

■対戦相手:クラブフィールズ・リンダ(北海道第1代表)

■試合結果:1−5✕

■得点者 :原田(58分)

※JFA公式記録はこちら


【監督コメント】

目標としていた全国大会での勝利は叶いませんでした。応援してくださった数多くの保護者の方々、サポーターの皆様、スポンサーの皆様のご期待に添えず、申し訳ございませんでした。
しかしながら選手達は座っているだけで汗が噴き出す環境の中、ピッチの上を最 後までポールを追いかけ、相手に対して身体を張り、走り抜きました。 その結果が1点に繫がったのだと思います。選手全員21名が一つとなって臨めた大会であったと思います。
まだまだ彼女らのサッカー人生は終わってはいません。むしろこの大会での経験 によって、これから始まっていくのだと思います。試合後の彼女たちの流した涙と経験を持ち帰って、更なる高みを目指していこうと考えています。引き続きこのリトルシュロスに熱いご声援とご支援をお願いいたします。 

vivo監督:近藤孝徳

【選手コメント】

今回、自分の目標としていた「初戦突破」を果たすことができず悔しい結果に終わってしまいましたが、チームで一丸となって県大会・北信越大会を勝ち抜き全国大会に出場出来たことはチームにも自分にとっても良い経験いなったと思います。

今回の試合を振り返り今後の自分に活かしていきたいと思います。たくさんの応援、ありがとうございました!

古河雅

 

北海道代表との試合を終え結果は敗戦でしたが最後まで諦めずに戦うことが出来ました。私には悔いが残っていません。なぜなら、初の全国大会でチームメイトが得点をあげることができたからです。守備陣が奪ったボールを中盤がつなぎ前線の選手が走り、つながったボールがゴールという結果になったと思っています。みんなありがとう!私の目標であった「笑顔で大会を終える」ができて本当に良かったです。家族、クラブのみなさんや、サポーター・スポンサーのみなさまの応援があってここまで来れました。ありがとうございました!もっと練習してU-18につなげていきます!

主将:橋倉千詠

 

初めて全国の舞台にたちましたが何もできないまま終わってしまいました。でも、少ないけれど通用した部分もあったと思います。スコア結果は完敗でしたが、それもしっかりと受け止めこの悔しさを忘れず、次の目標に向かって進みたいです。

最高の仲間と一緒に戦えてすごく楽しかったです!監督、コーチはじめ、応援してくださったすべての皆さんに感謝し、これからも頑張っていきます。応援ありがとうございました!

小林和音